ABOUT

Bebrain(ビブレイン)は、和歌山に本社を構える丸編み専業メーカー丸和ニット株式会社のファクトリーブランドとして2016年にブランドをスタートしました。 これまで主に商社や国内外のアパレルにニット生地を提供してきましたが、世界で私たちにしかつくれないニット生地である「バランサーキュラー」を生産者である私たちが思い描く最高のカタチとしてお客様お届けすべく、デザイナーやパタンナー、そして外部のメンバーの協力しながらファクトリーブランドをスタートするに至りました。 バランサーキュラーの3つの特徴 1. 織物のきちんとした表情とニット(編み物)の機能性を併せ持ちエレガントなのに伸縮性があり軽いこと。 2. 素材の復元率が高いため、運動で生ずる生地の型崩れしづらく、しわになりにくいこと。 3. バランサキュラー=裁ち切り使い、「ほつれにくい」ということはよく周知されているかもしれません。 これらの特徴を最大限に活かして、Bebrainでは縫い代を0(ゼロ)に裁断したパーツをつなぎ合わせる縫製テクニックを用いています。 特殊千鳥縫製で縫い代がなく着用のストレスがありません。 編み地でありながら見た目は織物のよう。 また、伸縮性はあるけどひじ膝が出にくく形状の復元率が高い、などアクティブに生きる人たちのライフスタイルにぜひ取り入れてほしいアイテムを提案します。 そして私たちが目指すものづくりはトレンドに左右されないベーシックなアイテムを素材の開発から一点一点丁寧に作るということです。これはロゴのマークに用いられた「1920」にも込めた想いでもあります。 この数字は、私たちが独自に開発したオリジナル素材「バランサーキュラー(Balancircular)」に由来します。 通常のニット生地に1920本もの縦糸を通すことで、織物のような豊かな表情と優れた形態安定性を併せ持つ、新感覚の生地が誕生しました。作業の機械化が進む現代でも、この生地のために1本1本の縦糸を通すのは職人の手作業。熟練の職人の技術や感覚こそが、高品質なニットを生み出し、日本のものづくりを支えていくと信じています。 商品はネットにて販売しておりますが、東京原宿にはショールームも設けております。 お近くにお寄りの際は是非お立ちより頂ければ幸いです。 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-52-1クロスサイドビル3F TEL 03-5414-0175